2009年2月アーカイブ

英語学習をする上で、絶対にはずしてほしくないことが2つあります
そのうちの1つめです


絶対にするべき英語の勉強法とはなんなのか?
これは勉強法というよりも、意識づけかもしれません


でも、これはとても重要です
これなしには今後の英語力アップは望めないのではないか?
と私は思っています


では、そんなに重要な意識づけとはなんなのでしょうか?
それは...


「返り読みをしない、英文は前から理解する」
ということです


学校教育などで、英文を訳すときは後ろから訳すと日本語にしやすいといことで、後ろから訳すように言われた方もいると思います。


たしかに、英文を日本語訳にするとき後ろから訳すときれいな訳になることが多いです。
しかし、これから英語力をアップしていこうという人にはそんなきれいな日本語訳はいりませんし、そのように後ろから理解して言っては英語力のアップは望めません。


この「英語学習法、英語勉強法」にきてくださっている方は、色々な目的
例えば、TOEIC、留学、仕事で使う、趣味など、様々だと思います。


しかし、共通しているのは
「英語力をアップしたい」
ということでしょう。


そこで絶対に守ってもらいたいのが、この
「英語は前から理解すること」なのです


例えば、会話やリスニングを考えてみてください。
英語はどんどん話されていきます。


後ろから理解しようとしていたら、その英語が言われ終わるまで理解し始めることができません。
さらに、いざ理解しようとしても、最初のほうに言っていたことはわすれてしまっているでしょう。
理解している間に、次の文が話されているということもおこるでしょう。


このやりかたで、英語を理解していこうというのは時間がかかってしますのです。
ぜひ、この機会に英語をどんどん前から理解していきましょう!

 


 

このアーカイブについて

このページには、2009年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年9月です。

次のアーカイブは2009年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。